弛緩性

市販薬と便秘解消

便が体内にずっと溜まっている状態だと体に様々な悪影響があります。
なんとかして便を体外に出したいですよね。
便秘解消には生活習慣を見直す事が大切とされていますが、ずっと便が出ていない状態が続くと何かと不安になりますよね。
生活習慣を見直しても効果がなかなか現れない時は市販薬を使用してみませんか。
お店に行くと便秘に効果的な市販薬がたくさんあってどれを選べがいいか悩んでしまいます。
市販薬の成分の特色を知って自分に合う市販薬を選びましょう。
 
成分の種類としては大きく2つに分ける事ができます。
一つ目が刺激性の物です。
こちらは腸に刺激を与えることで腸の動きを引き起こす働きがあります。
2つ目が機械性のものです。
こちらは便を柔らかくして排便しやすくする働きがあります。
 
市販薬の服用するタイミングですが基本的には夜が良いとされています。
なぜならほどんどの市販薬は空腹時に使用すると良いとされているからです。
日中にご飯やお菓子を食べる事を我慢するというのは辛いですが、夜なら寝てしまえば空腹を紛らわす事が出来ますしね。
朝起きてトイレに行ったらスッキリなんてとてもいいですね。
 
上記に記載したどちらの種類の市販薬を使用しても便秘解消に効果はありますが、使用する際には注意が必要です。
まずは市販薬を使用しても根本的な便秘解決にはなりません。
食生活などの便秘の原因を改善しないと市販薬の使用を止めるとまた便秘に悩まされるなんて事も有り得ます。
ただ漠然と市販薬を服用し続けると腸の動きが鈍くなり、ますます便が出にくくなる事もあります。
 
また薬ですので副作用が現れる事があります。
腸の動きを引き起こすことによる腹痛や下痢になる事もありますので自分の体や体調に合ったものを使用しましょう。
成分によっては子宮の収縮を促してしまうことがありますので妊娠中の方は流産や早産の可能性もあります。
妊娠中の方は通院している医師に相談してみましょう。
 
市販薬を購入する際にパッケージに記載している成分や効能、注意書きをよく見て自分にあうものを探して下さい。
でも、なかなか自分に合うものか分からないならお店にいらっしゃる薬剤師の方に相談することも一つの方法です。
 
市販薬はあくまで便秘解消を一時的に手助けするアイテムです。
快便を目指すならまずは生活習慣をしっかりと見直して下さい。

便秘で悩まれている方におすすめしたい便秘解消に効果的な食材がhttp://www.tierracloud.com/syokumotusenni.htmlで紹介されています。
何日間も老廃物が溜まっていると、ニキビや肌荒れの原因にもなりますので、便秘解消をお手伝いしてくれる食材をしっかりと摂ってきれいな腸内環境を維持しましょう。