弛緩性

便秘解消に伴う対策

トイレに行くけどなかなか便が出ないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
2人に1人は便秘に悩まされていると言われています。
便が体内に溜まったままだと腹痛などの体に悪影響を及ぼします。
なんと便秘は大腸がんのリスクを高めてしまう要因だとも言われております。
 
ほどんとの方が便秘になってから何かしらの対策を行うと思います。
そうではなくて最初から便がスッキリと出る体にした方が良いと思いませんか。
便秘にならない為には生活習慣の改善と食事の改善が大切です。
 
深夜まで起きていると早起きをするのが難しいですよね。
毎朝ギリギリに起きているとトイレに行きたくても行く時間がないですよね。
便意を感じているのにそれを我慢してしまうと段々便意を感じにくくなります。
まずは早寝早起きをしてトイレに行く習慣をつけましょう。
便意を感じたら我慢をせずにトイレに行きましょう。
便秘解消には毎日決まった時間にトイレに行けるように、トイレの時間を作ることが大切と言われています。
朝5分でも10分でもトイレでゆっくりできる時間を作ることで自然と便秘解消が出来るでしょう。
また、トイレでは便秘解消に効くツボを押してみたり、軽く腸のマッサージをしてあげることで、排泄をスムーズにすることができますよ。

 
歩くのが面倒だからと行ってどこに行くにも車で行っていませんか。
または仕事で疲れているから休みの日は1日中家でゴロゴロしていませんか。
車でどこかに行くことも休息の為に家でいることも悪くはありません。
ただし、運動をしないと腹筋を始めとした筋力が低下してしまうために便を外を押し出すことが出来なります。
日常生活にウォーキングなど簡単に出来る運動を取り入れて下さい。
そしてたまにだけ運動をするのではなく継続的に行うようにしましょう。
 
嫌いなものは食べずに好きなものだけを食べている。
またはダイエット中だからと言って食事制限をしていませんか?
食べたものが便となって排泄されます。
偏った食事や食べる量が少ないと便が体内で作られずに便秘になってしまいます。
バランスの良い食事をとることを目標としましょう。
便秘にならないためにも、食物繊維の豊富な食品http://www.cementhaichemicals.com/otya.htmlを積極的に摂っていきましょう。
とくにごぼうは食物繊維が豊富なのにカロリーが低いため、ダイエット中でカロリーの高い食品は抵抗がある方でも安心して食べられますよ。
食べるだけでなくごぼう茶としても人気を集めています。

トイレ行く時間が無い、忙し過ぎてトイレに行くことが億劫だと感じて水分を摂取するのを我慢していませんか。
水分が足りないと便が硬くなり、排便が困難になります。
1日2リットル程度を摂取するようにしましょう。
 
便秘になっても良いことなんてありません。
普段から気をつけて生活をして毎日快便に繋がるようにしたいですね。